Fandom


ジャックおじさん

(ジャックおじさん)

Screenshot 20200122 114922 com.google.android.youtube

ウェリントンウェルズ放送サービスのコメディアン。

彼の番組は街中の全てのテレビ、ラジオ、シアターで常に放送されている。

内容の多くは、ウェリーズ(JOYを使用している住民)を楽しませ、不安を取り除くため作成されたものである。

彼の主な役割は、戦後の食糧不足を大したことはないと隠蔽したり、JOYをすすめたり街にとって都合の良い内容を伝えること。

例えば、

・おがくずはパンの素晴らしい代替品である、

・クッキングコーナーでは料理にJOYを混ぜることをすすめる


など

過去(ネタバレ注意⚠)

第二次世界大戦前、

ウィルケンプトラベリングプレイヤーズの元主演俳優

ドイツの占領を助けながらも家族に愛情を惜しまない優しい人物だった。

特に1人娘のマーガレットを溺愛している。マーガレットが世界中の人形を欲しがれば様々な人形を与え、裁縫や勉強などの機会も作ってあげるほど。

戦時中も戦場に立つことはなかったが、

イギリスがドイツに占領されるとドイツ職業協会のアナウンサーとしてドイツ語でイギリスに情報を発信していた。


戦後


イギリスがドイツに降伏宣言をした後、

ドイツ軍は13歳未満の子供をドイツに移送する計画を発表した。

娘のマーガレットは移送対象として離れなければならなくなってしまい、ジャックは困惑した。

「ドイツに行くのはむしろ楽しみだよ!」

と、娘に励まされるも寂しさから彼女を匿うことにする。 


しかし、ジャックの計画は無情にも最悪の形で破綻してしまう。 

日頃からジャックを恨んでいた兵士のオリーがマーガレットの存在をドイツ軍に密告してしまうのだ。

隠れ家に襲撃するドイツ兵から逃げようと逃走するも、マーガレットは射殺されてしまった。


ジャックにとってあまりにも理不尽でショックなこの出来事は彼がJOYを飲み始めるきっかけには十分なものであった。


その後、

一時逮捕されるもウェリントンウェルズが完成し、

ウェリントンウェルズ放送局のコメディアンとして街の顔になった。

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。